のどの痛み 原因と対処法を知る > タバコ



タバコも、のどの痛みの原因になります

のどの痛みが出る原因はいくつか考えられます。

大声を出したり風邪やインフルエンザなど様々な原因が挙げられるのですが、その中にタバコも入ります。
sponsored link

タバコの有害物質

タバコには有害物質が多く含まれています。

一酸化炭素
ニコチン
発ガン物質など。

ヒトの喉の粘膜には繊毛があります。

繊毛の役目はヒトをウイルスや異物から守るということにあります。しかし前述したタバコに含まれる有害物質はこの繊毛に悪影響を与えてしまいます。

有害物質で繊毛が刺激されると、のどの痛みなどの症状が出るようになります。

また、タバコによってのどの痛みなどの健康被害を受けるのはタバコを吸っている本人だけではありません。

同じ家に住む「家族」や、同じ室内で一日のほとんどを過ごす「職場の同僚」などにも大きな影響を与えます。

深刻化する「受動喫煙症」

タバコにはタールという成分が含まれています。
これが喫煙者の周りにいる人に健康被害を与えます。
症状としては頭痛、目の刺激、のどの痛みなど。

もちろん健康被害はこれだけでは収まりません。

受動喫煙被害における日本人の死亡者が年間で二万人を超えていると言ったらどうでしょう?

愛煙家であればタバコによる健康被害は仕方のない事かもしれません。
リスクがあるのは承知の上でしょうから。

しかし、愛煙家の周囲にいる人にとってはたまったものではありません。
自分の蒔いた種ではないことが原因で死亡リスクが上がってしまう・・
sponsored link

Copyright(C) 2010 のどの痛み 原因と対処法を知る Allrights reserved.